お知らせ

プリンセスコネクト!Re:Dive

プリンセスコネクト!Re:Dive

何を捨てても残したいものとは?

ジャンクワールド

ダイソン|掃除機
スポンサーリンク

あらすじ

 記憶を失った少年・ユウキは見知らぬ世界で目を覚ました。彼の従者となるべく現われた小さなガイド役・コッコロ、ハラペコ剣士ペコリーヌ、敵なのか味方なのかあやふやな立場にいる獣人魔法使いのキャルちゃんなど、個性豊かで多くのキャラクターが登場するファンタジーアニメ。

作品情報

原作・脚本Cygames
制作CygamesPictures
ジャンル仮想世界
放送期間2020年4月7日~6月30日
出演キャストM・A・O、伊藤美来、立花理香、近藤玲奈 など
話数全13話

プリンセスコネクト!Re:Diveの魅力

  1. キャラの多さ
  2. キャルちゃんが可愛い
  3. 主人公が主張しすぎない

 2016年1月7日にサービス終了が発表され、同年7月29日に配信終了した『プリンセスコネクト!』。2016年8月21日、イベント「CygamesNEXT2016」にて続編の『プリンセスコネクト!Re:Dive』の制作が発表された。

 『プリンセスコネクト!Re:Dive(プリコネR)』とは、『Cygames』制作のスマートフォン向けゲームの続編。2018年2月15日からAmebaにて配信されていた。同名ゲームを原作にした、異世界アストライアを舞台に活躍する少年少女たちの姿を描いたアニメである。

ドメインバックオーダー

キャラの多さ

 プリコネRには主に5種族がいる。「ヒューマン族」、「獣人(ビースト)族」、「エルフ族」、「魔族」、「ドラゴン族」というキャラクターが登場している。他にも、「吸血鬼」、「幽霊」、「妖精」、「不明」など魅力的な種族も大活躍します!!

ペコリーヌ (CV:M・A・O)

冬アニメ『プリコネR』第2期 M・A・O(ペコリーヌ役 ...
https://www.animatetimes.com/news/img.php?id=1642153668&p=1&n=5

 「おいっすー!」元気が取り柄な脳筋美少女ヒロイン・ペコリーヌ。力を使うとおなかがすく装備を身につけている為、いつもおなかペコペコ。料理上手で、どんなゲテモノ料理でも、魔物でも食してしまう!「やばいですね!!」

 純粋すぎて、騙されやすく、危なっかしいが、どこまでも真っすぐ一生懸命な姿勢が魅力的!!自分のことよりも相手を思いやる気持ちが優先している優しい女の子!
おなかペコペコで倒れているところ、主人公と出会い【美食殿】の結成を提案した。

キャル (CV:立花理香)

さらなるギルドの登場に期待! 冬アニメ『プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2』ペコリーヌ役・M・A・Oさん インタビュー【連載第2回】の画像-4
https://www.animatetimes.com/news/img.php?id=1642153668&p=1&n=4

 魔物を操り主人公たちを襲った獣人族の少女・キャル。主人公やペコリーヌを狙う立場にあり、同じギルドに所属することにしたのも彼らを監視するのに都合がいいから。非常に難しい立場にいて、彼女の行動一つで、世界の命運がわかれるほど。
 口は悪いが、根の部分では仲間思い。ツンデレ。
【美食殿】の中ではツッコミ枠。猫舌で、ゲテモノを食すのに抵抗感を示す。

コッコロ (CV:伊藤美来)

さらなるギルドの登場に期待! 冬アニメ『プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2』ペコリーヌ役・M・A・Oさん インタビュー【連載第2回】の画像-3
https://www.animatetimes.com/news/img.php?id=1642153668&p=1&n=3

 アメスさまのご託宣に従い、記憶を失っていた主人公を導く役を務めるエルフ族の女の子・コッコロ。約束の地で、主人公と衝撃的な出会いをしたのち、一緒に過ごすこととなった。年齢の割に、まるで母であるかのように主人公の身の回りの世話をする。母属性のロリ。

「おはよう~お休みまで。ゆりかご~棺桶まで」誠心誠意お世話する役目。
知力が赤ん坊並みの主人公に振り回され、激務に追われるが、愚痴ることは一切なく。ひたすら直向きに主さまを護衛してくれる。

ヨリ (CV:原紗友里)

魔族の女の子。アカリとは双子で、ヨリは姉。
挙動不審で、人見知り。特に男性と話すのが苦手なのだが、主人公のユウキとは気兼ねなく話せるようになった。秘密の願い事が何なのか気になる所ではあります。

カヤ (CV:小市眞琴)

ドラゴン族の喧嘩好きなオレっ娘女子。
売られた喧嘩は買う主義で、喧嘩っ早い。一方で仲間や同族の面倒見が良い一面もある。

イリヤ (CV:丹下桜)

プリンセスコネクト!Re:Dive(プリコネR)のネタバレ解説・考察 ...
https://renote.net/articles/125268/page/5

 魔族の王の『伝説の吸血鬼』で、自称『夜を統べる闇の女王』・イリヤ。
神々の最終決戦で封印されていたが闇の眷属復活を目論むシノブたちにより解放された。本来は大人な女性の姿だが、魔力が足りないため、普段は子供のような姿となる。
完全なる復活のため、協力関係を申し出る。ユウキのプリンセスナイトの力によって一時的に復活する。

ミヤコ (CV:雨宮天)

プリンセスコネクトRe:Dive】プリン大好きのお化けミヤコの登場 ...
https://kanisanhimazin.hatenablog.com/entry/2020/06/10/214914

 『伝説の吸血鬼』と勘違いされて叩き起こされた幽霊の女の子・ミヤコ。
プリンに並々ならぬ執着心がある。プリンを作らすために毎晩耳元でささやき続ける恐ろしいプリンの幽霊。薄暗くてひんやりしたところを好む。

 ミヤコを怒らすと、呪われる。最初は取りつかれるだけだが、より怒らすと、ミヤコの力でプリンになってしまう。

アメス (CV:相坂優歌)

プリコネR】アメス様まとめ(1話)【アニメ】 - ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36639659

 本当に全ての記憶を失った主人公・ユウキに、夢の世界で語り掛ける妖精・アメス。彼女は、ある複雑な事情で、ユウキと直接コンタクトが取れない。影のヒロインである。ユウキの「夢」にたびたび登場し、時には重要なメッセージを、時には彼の過去の記憶を見せてくれる。いつも、ユウキのことをかげながら応援してくれています。

ラビリスタ (CV:沢城みゆき)

Miyuky-Homes on Twitter: "【アニメ】沢城みゆきさん出演!2020 ...
https://twitter.com/v_momodango_v/status/1248815935055515648

 始まりの街・ランドソルで主人公とコッコロが初めて接触した人物。普段はクレープ屋を営んでいるが、その実は世界の謎を探求する秘密結社。普段はおちゃらけたところもあるが、裏では、世界の謎に関する調査をしているようだ。

キャルちゃんが可愛い

 プリコネRで、圧倒的ヒロイン感があるキャルちゃんCygamesに好かれているのか、ツンデレヒロインが他のキャラよりも出番や、過去に触れられ安いのか、アニメ放送されるたびに、キャルちゃんは注目を集めてきました。

ドメイン名取得【Xserverドメイン】
ドメイン取得サービス【Xserverドメイン】は格安1円から取得可能!人気の.com/.net/.jpは1円からご利用いただけます。
プリコネR】キャルまとめ(3話)【アニメ】 - ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36715826

 女性キャラの中で一番感情豊かで、ころころ変わる顔や、態度に目が離せません!
汚いものや、虫、幽霊が苦手で、リアクションもユーモアで豊富。それでいてとてもかわいい!!

 スマホゲームの中でも、正月衣装のキャルちゃんは、設定ミスレベルに異彩を放っており、キャラ取得優先度でもいつもSSです。

 プライドが非常に高く、人に親切にされると距離を置いてしまうような不器用な子!
狙った行動がすべて裏目に出る可哀そうな子。

 ペコリーヌに好かれてしまい、イチャイチャしてくるとすぐに照れくさそうにしてしまうところが可愛すぎます!!暗殺を目論んでいる相手にことごとく守られ、少しずつ【美食殿】の仲間と打ち解けていくシーンは、見ていてほっこりします。

主人公が主張しすぎない

主人公 (CV:阿部敦)

プリコネ】ユウキくん5~7話まとめ【アニメ】 - ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36917127

 本作の主人公・ユウキ。全ての記憶が奪われたユウキは、片言で、主に掛け声のみで、コミュニケーションを成り立たせています。
 前作の主人公「騎士くん」とは同一人物と見られるが、今作では記憶喪失になっており、過去のことは覚えていない。仲間との冒険を通して少しずつ記憶と、言語力が戻ってくる。

 赤ちゃんのような言動で、主にコッコロに迷惑をかけてばかりですが、仲間を思いやる心をもち、何かと頼りにされている。ハーレムアニメには一切ならないように、ネタキャラにされる。子ども扱いが定着しており、ラブコメになるような展開が全くない。完全に主人公でいながらモブキャラの地位にいる。

 主人公にしか使えない、プリンセスナイトの力は、仲間全員に強力なバフ効果をもたらす。はじめこそ、その力が思い通り使えないうちは、前に出て、おとり役として貢献していましたが、徐々に、女性キャラがメインで戦いサポート役として後衛にポジションを置くようになる。

 仲間と紡いでいくきずなが主人公の力となり、いつかアメスと共に、この世界の真実に触れ、仲間たちを守るための冒険が終わりを迎えるまで、この素晴らしいアニメが続いてくれることを一視聴者の立場から願います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました