お知らせ

キルミーベイべ

キルミーベイベー

おかしな奴には遠慮なく!

家電・デジタル家電の宅配買取なら「NETOFF家電」!

ダイソン|掃除機
スポンサーリンク

あらすじ

 女子高生の殺し屋・ソーニャ、ソーニャにゴキブリのような生命力でつきまとう同級生・やすな神出鬼没な忍者・あぎりの日常を描いた学園バイオレンスコメディーです。登場人物が基本的に3人(+1人)と極めて少ないことが特徴です。ジャンルとしてはシュールものに分類されます。

スポンサーリンク

作品情報

  • 原作・脚本    カヅホ、白根秀樹、木村暢、久尾歩、馬場絵麻
  • 制作       J.C.STAFF
  • ジャンル     4コマ漫画、ギャグ、ブラックコメディ
  • 放送期間     2012年1月~3月
  • 出演キャスト    赤﨑千夏、田村睦心、高部あい釘宮理恵など
  • 話数       全13話 + OVA
スポンサーリンク

ミルキーベイべ の魅力

  1. ワクワクするバカなキャラ
  2. 殺し屋の少女は、意外とビビり
  3. エンディング曲のダンス
人気ゲーム

ワクワクするバカなキャラ

 やすなは、本作の主人公兼ソーニャの友人を自称する少女です。声音の変化が多いのも特徴です。天然ボケ入りのおバカキャラです。ソーニャの正体を知りつつも物怖じせずにちょっかいを出し、何かと怒りを買っては手痛いツッコミを受けています。

 物語が進行するにつれて腹黒さも見せるようになり、ソーニャの弱みに付け込んだり、ピンチの時は躊躇なく踏み台にして自分だけ助かろうとするなど

殺し屋の少女は、意外とビビり

キルミーベイベー: きんぎょと読むきん!

 「殺し屋」の少女ソーニャはいつ何時敵が来ても良いように警戒を怠りません

 クラスで花瓶が割れ瞬時に机でバリケードを作って隠れたり、ゴキブリが出たと聞こえるとソーニャは天井に張り付いて逃げました。そしてソーニャはお化けの類も「関節技とか効かなそうだし」という理由で苦手だったりしました。
つまり、ソーニャはビビリだった。

エンディング曲のダンス

キルミーベイベー関連の動画を一度にたくさん検索できちゃう ...

 エンディングテーマ「ふたりのきもちのほんとのひみつ」
作詞 – 藤本功一、松前公高 / 作曲 – 松前公高 / 編曲 – EXPO / 歌 – やすなとソーニャ                

 エンディングでは、単行本第1巻表紙カバー下に掲載されている「キルミーダンス」がアニメ化されました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました