お知らせ

STEINS;GATE

STEINS;GATE

やり直したい望む結末

家電・デジタル家電の宅配買取なら「NETOFF家電」!

ダイソン|掃除機
スポンサーリンク

あらすじ

 秋葉原を拠点とする小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーを務める大学生の岡部倫太郎は、研究所のメンバー(ラボメン)と共に、日々ヘンテコな発明を繰り返していた。

 ラボメンは、試行錯誤の後に、人の記憶を過去の自分に届けるタイムリープマシンを完成させる。これが原因で、秘密組織に、命を狙われることになる。様々な惨劇の回避のためにラボメンとともに望む未来をつかみ取るための、死闘が繰り広げられる。

スポンサーリンク

作品情報

  • 原作・脚本    5pb./Nitroplus、花田十輝、横谷昌宏、根元歳三
  • 制作       WHITE FOX
  • ジャンル     SF
  • 放送期間     2011年4月6日9月14日
  • 出演キャスト   宮野真守、花澤香菜、関智一、今井麻美など
  • 話数       全24話 + SPECIAL
スポンサーリンク

STEINS;GATEの魅力

  1. 愛をテーマにした人間ドラマ
  2. 主人公の岡部倫太郎に同情
  3. 張り巡らされたを伏線を回収
人気ゲーム

愛をテーマにした人間ドラマ

シュタインズ・ゲート】癒し系ヒロイン椎名まゆりの魅力 ...

 シュタインズゲートの面白さは様々あります。特にストーリーの根幹にあるものは「愛をテーマにした人間ドラマ」ということだと思います。

 やはり人が大きな感動を覚える作品には、「結末への関与(感情移入)」、「期待と不安(うまくいくかどうか)」が生まれるような状態を作り、全員で「緊張からの開放」を経験するという要素が含まれており、シュタインズゲートにはその全てが含まれています。もちろん、愛というテーマは外せないのだと思います。

 愛をテーマにしつつも、独自の切り口で表現しているのが、シュタインズゲートの魅力にあると思います。

主人公の岡部倫太郎に同情

シュタインズ・ゲート』主人公岡部倫太郎の魅力! - アニメミル

シュタインズゲートの主人公である岡部倫太郎。

 主人公の岡部倫太郎は中二病で、普段は鳳凰院凶真(ほうおういんきょうま)と名乗り、狂気のマッドサイエンティストとして振る舞っています。あえて中二病っぷりを徹底しているキャラクターです。

 しかし、ストーリーが進行するにつれ、なぜ岡部が中二病キャラを徹底することになったのかが明らかになります。そこにあるのは、幼馴染のまゆりに対する愛が隠されています。

 元々、真面目な性格の岡部が、中二病キャラの言動をせざるを得ない理由を知ると、深く共感せずにはいられません。

張り巡らされたを伏線を回収

TVアニメ「STEINS;GATE」プロモーションムービーC79 - YouTube

 アニメ「シュタインズゲート」シリーズは、原作同様に多数の伏線が張り巡らされ、考察好きにはたまらない作品です。

 特に、シュタインズゲートでは主に前半の部分にストーリーの肝となる伏線が大量に張り巡らされています。

 この伏線がストーリー展開に大きく影響してきます。

 ラボメンはいずれも個性豊かなキャラクターたちが揃っており、それもまたシュタインズゲートの魅力と同時に、ストーリーの肝となる場合もあります。

 天才少女の牧瀬紅莉栖や、「トゥットゥルー」が口癖の天然な少女・椎名まゆり、男の娘の漆原るか、メイド喫茶で働くフェイリスなど濃いキャラクターが多数登場します。

 彼女たちはそれぞれに秘密を抱えています。それがタイムリープで明らかになっていくとともに、キャラクターの濃さがストーリーの厚みにつながっていくのです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました